camp

【2年使用した感想】オレゴニアンキャンパー グランドシート【防水性に感動】

グランドシート

普段、テントの下に敷くグランドシートや家族とのピクニックでのレジャーシートとして、オレゴニアンキャンパーのグランドシートを愛用しています。

以前はリーズナブルな中華製のものを使用していたのですが、使用感に不満があり買い替えました。

2020年10月に購入し、約2年使用したので感想をまじえてながら、紹介してみたいと思います。

購入の経緯

前述したとおり、オレゴニアンキャンパーのグランドシートを購入する以前はリーズナブルな中華製のグランドシートを使用していましたが、

  • 水が染みてくる
  • 見た目がいまひとつ
  • 風でめくれる

といった使用上の不満を抱えていました。

こういった不満を解消するために、色々なグランドシートを検討し、最終的にオレゴニアンキャンパーのグランドシート購入に至りました。

豊富なラインナップ

グランドシート

サイズ

オレゴニアンキャンパーのグランドシートはサイズが豊富です。
用途に合わせてサイズを選択することができます。

2022年10月現在 販売されているサイズ

サイズ名寸法
Sサイズ100×70cm
Mサイズ140×100cm
Lサイズ200 X 140cm
M-HALFサイズ140×50cm
L-HALFサイズ200×70cm
ウォールアップ SQ (スタンダード)140×160cm
ウォールアップ RE (ラージ)160×210cm

S,M,Lサイズはオーソドックスな長方形の形状。

ハーフサイズは細長い形状になっています。
コンテナなどの荷物を置くのに重宝しそうです。

ウォールアップは約5cmの縁が立ち上がる仕様になっています。
水や砂の侵入を防げるのでお座敷スタイルに向いていそうです。

Lサイズの使用用途

私が所持しているのはLサイズです。
どんな用途に使用しているのかご紹介します。

ColemanツーリングドームLXのグランドシート

ColemanツーリングドームLXのフロアサイズは、210×180cm。
Lサイズは200 X 140cmなのでグランドシートとしてちょうどよいサイズ感です。

3人使用のレジャーシート

2つ目の用途はレジャーシートです。

私は家族と公園にピクニックに行ったり、海や川に水遊びに行ったりするのですが、
その際に愛用しています。

家族三人で座ってお弁当を食べるには、Lサイズは大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズだと感じています。

カラーリング

グランドシートの縁

オレゴニアンキャンパーのグランドシートはカラーリングも豊富で、下記の10種類がラインナップされています。

2022年10月現在のカラーラインナップ

  • マルチカモ
  • コヨーテ
  • ウルフブラウン
  • カモ
  • ブラックカモ
  • リアルツリー
  • カーキ
  • デザートカモ
  • フォレスト
  • ブラウン

迷彩柄やアースカラーなので、キャンプサイトに良く馴染んで使いやすいと思います。

ただし、下表のように全てのサイズに10種類のカラーリングが用意されているわけではないので、欲しいサイズにどのカラーリングがあるのかは要確認です。

サイズマルチカモコヨーテウルフブラウンカモブラックカモリアルツリーカーキデザートカモフォレストブラウン
Sサイズ
Mサイズ
Lサイズ
M-HALFサイズ
L-HALFサイズ
ウォールアップ SQ (スタンダード)
ウォールアップ RE (ラージ)

ブラウンを使ってみた感想

私が所持しているのは、ブラウンです。
縁は赤になっています。

もともとブラウン系の色味が好きというのもありますが、汚れが目立ちにくいかなという思惑もありブラウンを購入しました。

ただ実際使ってみると、煤などの色の濃い汚れは目立たないものの、砂などの色の薄い汚れは逆に目立つことがわかりました。

もしかするとブラックカモなどの柄物のほうが、汚れは目立ちにくいのかなと今は思っています。

防水性

グランドシート裏

オレゴニアンキャンパーのグランドシートで一番気に入っているポイントが、防水性です。

生地自体もかなり厚めに作られていますが、さらに裏面には「PVC加工」という加工が施されていて、防水性が高められています。

雨の次の日のキャンプやピクニックなどで、これまで何度も使用していますが、水が染みてきたことは一度もありません。

PVC加工とは

生地にポリ塩化ビニールをコーティングする加工のことで、生地の防水性を高めることができます。

畳みやすい

グランドシート

もうひとつ気に入っているポイントが畳みやすいことです。

オレゴニアンキャンパーのグランドシートはしっかりとした厚みのある生地で作られている為、広げても折り目が残ります。

畳む際もその折り目に従って畳んでいけばよいので、片付けがとても楽です。

Lサイズでも一人で畳むのに全く苦労しません。

重さ

前述の通り、厚みのある生地が特徴ですが、その反面、薄手のグランドシートと比較すると重みがあります。

サイズ名重量
Sサイズ300g
Mサイズ600g
Lサイズ1200g
M-HALFサイズ400g
L-HALFサイズ不明
ウォールアップ SQ (スタンダード)不明
ウォールアップ RE (ラージ)不明

Lサイズの重さについての感想

私の持っているLサイズは1.2kgもあります。

ギアの軽量さを重視する方は検討の必要がありそうですが、私はその重さのおかげで、風でめくれにくいという点にメリットを感じています。

薄いグランドシートは風があると広げるのも大変ですが、オレゴニアンキャンパーのグランドシートは多少風があっても広げやすいです。

さいごに

今回はオレゴニアンキャンパーのグランドシートをレビューしました。

2年程使用していますが、大きなダメージも無くまだまだ使えるので、今後のキャンプにも連れていくつもりです。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ギア選びの参考になれば幸いです。