camp

【収納性抜群】DOD コンパクトタープポール レビュー

タープポール

今回は、コンパクトに収納できて、持ち運びが楽なタープポール「DOD コンパクトタープポール」を紹介したいと思います。

この記事はこんな方におすすめ
  • タープポールの購入を検討している方
  • コンパクトなタープポールを探している方

基本情報

タープポール
カラーブラック、レッド
使用時サイズ(約)直径19mm×長さ203cm
収納時サイズ(約)40cm×16cm×5cm
材質アルミ合金
アルミ厚み(約)1.2mm
セット内容先端ポール×2本、中継ぎポール×8本、土台ポール×2本、キャリーバッグ×1
重量(約)1.0kg

連結本数によって長さを変えられるプッシュボタン式のタープポールです。

71cm、104cm、137cm、170cm、203cmと5種類の長さで使用することができます。

外観

抜けにくい先端形状

先端

先端はローレット加工と曲げ加工が施されていて、ロープが抜けにくくなっています。

先端がまっすぐでつるつるなタープポールも使用したことがありますが、比較するとやっぱり抜けにくいと感じました。

抜けにくいと設営がちょっとだけ楽になります。

設営が終わってテンションがかかってしまえば、あまり差は感じないと思います。

取り外し

先端部分はねじ式になっていて、着脱も可能なので、生地を突き上げるような用途にも使用できます。

底部形状はフラット

底

アルミキャップがしてあり、フラットな形状になっています。

ゴムキャップがしてあるタイプや円錐状になっているタイプと比べると、滑りやすいかもしれませんが、今のところ特に不便を感じたことはありません。

シンプルなロゴ

ロゴマーク

DODといえばウサギのロゴマークですが、コンパクトタープポールは先端ポールに「DOD」のマークがあるだけで、シンプルなデザインになっています。

マットな質感

汚れ

つや消し加工がされていて、マットな質感でサラサラとした手触りです。

つるつるとした質感のものと比べると高級感が感じられる反面、泥などの汚れが細かな凸凹に入り込んでしまうので、すこし落としにくさを感じます。

強度

ポールの太さが19mmなので、細めの分類に入ります。

取扱説明書にも「サブポールおよびキャノピーの跳ね上げを目的として作られたものです」という表記があり、大型のタープやポリコットン製のタープなどのメインポールには強度不足になります。

私の用途

私は3m×3mのポリエステル製タープの設営とツーリングドームLXのキャノピー用として使用しています。

3m×3mのタープには何度も使用していますが、今のところ特に折れたり曲がったりということもなく、強度不足は感じていません。

収納性

収納

コンパクトタープポールの名前からも分かるとおり、一番の特徴が収納性です。

私も収納性に惹かれて購入しました。

40cmの長さに収納可能なので、50Lのコンテナボックスに収納することができます。

もっと長いポールを使用していた時は、ポール持っていくのを忘れてしまったことがありますが、コンテナボックスに他のキャンプ道具と一緒に入れておくことで、忘れることが無くなりました。

気になった点

つなぎ目

特に実用には不具合は感じていませんが、つなぎ目のガタが大きいです。

1本1本のガタはそれほどでもないですが、最大の6本継ぎの状態だと合算されて大きく感じます。

テンションがかかってしまえば安定するので気になりませんが、設営中は少し気になるかもしれません。

まとめ

コンパクトタープポールは、どんな用途にも使えるといった類のタープポールではなく、用途は限られるが、収納性は抜群なタープポールになります。

購入する際には、使用用途をしっかりと検討することがポイントだと思います。

ポイント
  • 40cmの長さに収納可能。
    他の道具とまとめたり、運搬がしやすい。
  • 大きめのタープには強度不足。
    使用用途は購入前に要検討。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!